スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ドライマウスの予防トレーニング

まず、舌の先が上前歯の付け根にしっかりと付くまで舌全体を持ち上げ、口蓋に向かってゆっくりと吸い上げたら、最後に”タン!”という音が出るよう、舌で口蓋をはじきます。
口蓋というのは口内の上壁の事で、これは「ホッピング」と呼ばれる唾液腺トレーニングの一つです。1回当り20回繰り返し、朝晩行うとドライマウスの予防や改善に繋がるそうですよ。

もう一つ、「リップトレーニング」と呼ばれるお口の運動があるので、ついでにご紹介しておきますね。これは”イー”・”ウー”と繰り返し発音するだけなのですが、コツとしては、”イー”という声を発する際、出来る限り口を大きく横に広げ、口角を引き上げるところにあります。こちらも、1回当り20回、1日2回程度行うといいみたいですよ。

今や欧米では4人に1人は発症しているというドライマウス症状。
その原因の上位に薬物の副作用というのがあります。抗うつ薬・抗不安薬・向精神病薬などの心疾患の治療に用いられる薬は特に要注意。
睡眠薬も含め、精神科の主治医を持つのが当たり前とも言われる欧米では、こうした薬品の副作用としてドライマウスを訴える患者さんが非常に多いそうです。

しかし、抗高血圧薬や利尿薬、気管支拡張薬をはじめ、抗痙攣剤や抗コリン作用薬、抗パーキンソン薬など、日本の医療機関でも通常用いられている薬の中には、ドライマウスを発症する可能性の高いものが多数あります。
特に、花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬や普段何気なく飲んでしまいがちな鎮痛薬、また、一部の胃薬からもその原因となる成分が発見されていると言います。
本来、薬に頼らない生活を送るのがベストではありますが、やむを得ずこうした薬を服用している方は、常日頃からこまめに唾液腺トレーニングをされる事をお勧めしたいですね。
私自身も、時より気になる薬のお世話になっているので、今は毎日お口の運動を欠かさないように心がけています。そのお陰かどうかは判りませんが、今のところ、激しいドライマウスに見舞われる事はありません。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

ドライマウスと花粉症の関係

実際にドライマウス患者さんたちの治療に当たっていらっしゃる歯科医の先生の話によると、
ドライマウスの研究が本格的に始まったのは、21世紀に入ってからの事で実際のところ、
まだ全ての原因が判明していないため、確実な分類や治療法が確立されていないのだそうです。

ドライマウスが症状名であって、病名ではないのはそうした現状があるのかも知れませんね。
そこで、ドライマウスの可能性を訴える患者さんの初診は、まず、その原因を探る所から始まるそうですよ。
ようするに、どんな病気の症状としてドライマウスが現れているかという事ですね。

比較的多いのが、糖尿病や腎疾患などの成人病や鬱病などの自律神経系の支障だそうですが、こうした内臓疾患や心疾患以外にも、私たちの身近に潜む意外なドライマウスの要因というのがあるようです。
それは、鼻炎や花粉症などによる鼻の不具合

我々人間は呼吸をしなければ生命を維持する事が出来ませんから、鼻が詰まると自動的に口だけで息をしてしまいますよね。
この口呼吸こそが口内を乾燥させ、ドライマウスを招いてしまうのです。
また、花粉症の薬としてよく用いられる抗ヒスタミン剤は、非常にドライマウスを引き起こしやすい成分の薬品である事が判明しています。

しかし、花粉症や鼻炎は、そう簡単に抑制する事が出来ませんから、なるべくその症状や薬を服用している期間は、唾液の分泌を促進するよう、自分自身で努力する必要があると言えるでしょうね。
出来るだけよく噛んで食べられるような食品を中心にした食生活をし、舌や顎の軽い運動も取り入れるといいと教えて下さったドクターがいます。
歯科医にとっても、このドライマウスは、今後益々研究を進めていかなければならない症状の一つで、患者さんたちと一緒に頑張っていければ嬉しいとおっしゃっていました。

スポンサードリンク

テーマ : 花粉症
ジャンル : 心と身体

ドライマウスの初期症状

人間の持つ新たな可能性をも容赦なく奪ってしまう鬱病、とても怖い病気ですが、そんな鬱病にはいくつかの事前サインがあります。その一つがドライマウスです。

今や仕事や家庭でのストレスを抱えていない人など居ないと言っても決して過言ではありませんが、そんな現代人の皆さんにこんな質問をぶつけたいと思います。

まず、最近よく口の中や喉が渇き、今までよりも多く水分を取るようになった。あるいは、パンやビスケットなどの乾いた食品が食べにくくなった。
かと思うと、口の中がネバネバし、舌がうまく回らなくてしゃべりにくい事もある。そう言えば、口臭を指摘された事も…。
そして、目が乾いて涙が出にくい。
勿論その全ての症状はなくても、一つか二つ思い当たれば、自分の日常生活や性格をちょっと考えてみて下さい。

どちらかというと几帳面だったり、神経質なところはありませんか? ファーストフードが好きで、しょっちゅうスナック菓子やハンバーガーなどを食べていませんか?? 後、かなりのヘビースモーカーだったり、お酒が好きだったりという事はないでしょうか!? 

近頃睡眠不足や疲労感を感じている人の中で、こうした自分の現状と症状が思い当たる方は、一度心療内科か歯科を受診される事をお勧めしたいですね。
最も多く、最も判りやすいドライマウスの初期症状で、それは鬱病のサインかも知れないからです。

スポンサードリンク

テーマ : ドライマウス
ジャンル : 心と身体

ドライマウス(口腔乾燥症) ⇒ 味覚障害へ

ドライマウスになったことにより様々な症状が現れてきます。
味覚障害もそのうちの一つのようです。

原因は、唾液の分泌量の低下。
唾液はあまり知られていませんが一日約1.5リットルも分泌されています。
その効果や効能は食べ物の消化を助けたりすることはもちろん、口の中を清潔に保つ、殺菌作用など数多くの重要な役割を果たしている分泌液です。
しかし、ドライマウスによりこの女性は唾液の分泌量が約10分の1にまで落ちていました。
ここで考えられるドライマウスの原因の一つとして、彼女の場合、最近特に増えてきている、もうひとつ別の原因、ストレスが関係していたのです。
唾液の分泌とは、自律神経によってコントロールされているものです。
リラックス状態だと唾液量は増加。
緊張状態だと唾液量は減少します。
ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、唾液の分泌が極端に悪い状態に陥っていたのです。結果、口の中が渇き、あの「乾いた食べ物が飲み込みにくい」という症状が現れました。
あれは「クラッカーサイン」と呼ばれる、ドライマウスの最も典型的な初期症状だったのです。
唾液量の低下により、口の中の雑菌の増加へ。
通常、口の中にいる常在菌は、唾液によって定期的に洗い流され、唾液の抗菌物質により一定量に抑えられています。しかし、唾液が減るとこの洗浄効果が低下。カンジダ菌というカビの一種が一気に増殖し、炎症を引き起こしてしまうのです。
実際のドライマウスの患者さんの舌を見ると、カンジダ菌が増えた結果、白い苔のようなものが付いているのが判ります。これが口臭」や「舌の痛み」の原因でした。この状態を放置した結果、ついに炎症は味を感じる味蕾(みらい)にまで及び、その機能が極端に低下。ほとんど味を感じることができなくなってしまったのです。

スポンサードリンク

テーマ : ドライマウス
ジャンル : 心と身体

ドライマウスと判断されたわけは?

最近、水を飲んでも飲んでもすぐに喉が渇く、それも口の中から喉の奥まで、全体が乾くような気がしてたまらなかった。そこで頻繁にガムを噛んだり、飴を嘗めるようになった。すると、急激に奥歯が痛み出し、これは虫歯だと思って、仕方なく歯医者に行った。そして、自分がドライマウスにかかっていた事が判り、鬱病直前状態にあった事も判明した。
これは、ある病院で、今実際にドライマウスの治療を受けている30代女性のお話です。
子供の頃から健康体ではあったものの、どちらかと言うと、几帳面で、何事も常に一生懸命頑張って取り組む方だったそうです。その結果、大学卒業と同時に入社した今の会社で中間管理職にまで昇り着き、所謂キャリアウーマンと呼ばれる存在になりました。ところが、未だにシングル、実家暮らしは仕事をする上で、非常に楽なのですが、やはり日々年を取る両親の姿や、自分を心配する言葉に、娘としてのプレッシャーを感じていたと言います。
我々の体は、過剰なストレスやプレッシャーを抱えると、自律神経の一つである交感神経が刺激され、唾液の分泌を抑制してしまう事も少なくないのです。そのため口の中が乾きがちになってしまいます。確かに水分補給をして上げれば、一時的には潤いますが、それこそ喉もと過ぎればなんとかで、ずっと水を流しっぱなしにしておける訳ではありませんから、結局はまたすぐにドライ状態になってしまうんですね。しかも、動物の口内は唾液の殺菌作用によって、歯や舌が自動的にある程度消毒されるようになっていますから、その消毒液である唾液が十分に口の中全体に行き渡らないと虫歯や歯周病の原因にもなってしまいます。。
どうやら、この女性はなるべくしてドライマウスになってしまわれたようですが、今現在、彼女と似たような環境にいらっしゃる方は、少なくないのではないでしょうか?

スポンサードリンク

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

ドライマウスの身近な原因の一つ

ドライマウスは正式には「口腔乾燥賞」と呼ばれ、日本におけるその患者数は、何故か男性よりも女性の方が多いそうです。やはり大和撫子は繊細なハートの持ち主が多いという事なのでしょうか? 実際のところ、残念ながら、その原因はまだ明らかにはなっていませんが、ドライマウスそのものの原因は、少しずつ判明して来ているようですね。
最も多いとみられる原因は唾液分泌の低下によるもので、それを招く原因の中には、加齢や筋力の低下など、年齢とともにある程度仕方がないと思われるものも含まれてはいます。しかし、シェーグレン症候群という難病や糖尿病、あるいは、腎疾患などによって唾液腺が破壊されていたり、脳血管障害による自律神経への影響で、十分な唾液分泌が不可能な状態になっている場合も珍しくありません。
また、自律神経への影響による唾液腺の情報伝達障害という面では、日々のストレスが非常に大きな関わりを持っており、すでに鬱病を発症している人だけでなく、ドライマウスになった事がきっかけで、自分が鬱病予備軍だったという人もしばしばです。
ストレスがたまり、どうしてもお酒や睡眠薬に頼らないと夜眠れないという人も、近年急激に増えていますよね。そういう人たちが自動的にドライマウスになっていくケースは、今や自然現象とも言えるそうです。何故なら、薬物やアルコールの多量摂取はドライマウスの最も身近な原因の一つだからです。
腎機能障害や脳血管障害、糖尿病、そして過剰なストレスや鬱病、ドライマウスは、まさしく現代病が呼ぶ現代病なんですね。

スポンサードリンク

テーマ : うつ病(鬱病)、メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

現代病の防止は人付き合いから?

唾液の分泌不足などにより口の中が乾燥する病気「ドライマウス」。
現在その推定患者数は約800万人と言われています。国内の成人数から考えると、まだそれほど多いとは言えませんが、怖いのは年々確実に増加傾向にあるという事です。

ドライアイのお口バージョンとも言えるドライマウス、その現代病の代表格であるドライアイ患者も、注目され始めた1995年当初は、その推定患者数800万人と発表されていましたが、その後うなぎ登りに増え、現時点では約2,200万人とされています。そう、このままだとドライマウスもドライアイ同様、2,000万人を越える人が悩まされる国民病化するのは目に見えているのです。
ドライアイもドライマウスも、IT社会に突入し、一気に襲いかかったデスクワークの波とストレスが大きな原因となっています。冷暖房完備でじっと着席したままパソコンと睨めっこし、人との会話も少なくなった昨今、人間関係が乾くと、付き合いも難しくなり、精神的な不安や負担も増すのでしょう。目も口も自然と渇いてしまうようです。

しかし、言ったんドライアイやドライマウスになってしまうと、益々社交が億劫になってしまうという人も少なくありません。笑顔で流ちょうな会話を楽しんだり、美味しい物を微笑みながらいただく、そうした和気藹々とした人付き合いが困難になってしまうからです。そのため、益々社会での人間不信やトラブルに見舞われる機会が増え、益々ドライアイやドライマウスが悪化していく人も多いんですね。
まずは人と楽しく付き合う事、これがドライマウスやドライアイといった現代病を防止する大きなキーポイントになりそうです。

スポンサードリンク

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

自分でできるドライマウス対策

最近よく耳にする『ドライマウス』という病気、医師をしている友人に言わせると、ドライマウスそのものは病気ではなく、口の中が乾いている状態なので、ドライアイの対策として目薬をさすように、こまめに水分補給をしたり、ガムを噛んだり、キャンディーを嘗めたりする事によって、ある程度解消出来るそうです。

ただ、怖いのはそれが何かの病気のサインだったり、ドライマウスの症状が頻繁に繰り返されるようになり、本当に口内に大きな異常を来してしまう事。
舌や歯に障害が出ると、物を食べられなくなったり、しゃべれなくなったりするので、新たな内臓疾患や心理疾患を引き起こす事も少なくないと医師の友人は言っています。ですから、気になる方は、是非早めに一度、専門医の診察を受け、的確な治療を取り入れた方がいいそうですよ。

このドライマウスはお口の中の病気ですから、歯科医院で相談にのってもらう事が出来ます。
これは余談になりますが、歯医者さんというのは、虫歯の治療をするだけじゃないんですね。このドライマウス口内炎など、口の中の病気は全て歯科医によってケアされるそうです。ただし、先ほどもお話ししたように、こうしたお口の病気は、他の内臓疾患や心理的な病が関わっているケースも少なくないので、そういう場合は、連係プレイの可能なちょっと大きな病院で治療を進めて行く方が重宝かも知れません。最近はドライマウス専門外来の設置されている病院も結構出て来ているそうですよ。
勿論、そういう場合でも、症状に適した病院や診療科を紹介してくれるので、まずは近所の歯科医院を訪ねてみられるといいでしょうね。

スポンサードリンク

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

ドライマウスかなっと思ったら

皆さんは『ドライマウス』という病気を知っていますか?
とは言っても、このドライマウスは正式な病名ではなく、その症状から名付けられた通称みたいなものです。また、ドライマウスそのものは特別な疾病とは違って、花粉症のように、一つの体の状態なんですね。その名のごとく、口内が乾燥する状態。疲労やストレスなどによって、一時的に見舞われる事もよくあるようです。
ただし、その原因が何かの病気にあったり、放置しておく事によって、新たな病に繋がる事もすくなくないので、もしかしたら…!?と思ったら、迷わず医師の診察を受けた方がいいそうですよ。
勿論、その診察は健康保険が適応されますが、いざ治療が始まると、実際には健康保険の適応外となる薬を使用しなければならない事も多々出て来るそうです。なので、なるべく早期発見、早期対処が大事だと言えるでしょうね。ガンのように発見が遅れたからと言って、すぐさま命が脅かされるという事はまずありませんが、財布が脅かされる可能性は大いにあります。
また、先ほども申し上げた通り、大きな病気の引き金になってしまう事もしばしばなので、ほんの僅かでも気になる人は、是非一度歯科医を受診して下さい!
とドクターをやっている友人が申しておりました。
もし体内にこれと言った異常がなく、本当に一時的なものであったとしても、それを何度か繰り返しているうちに、本格的なドライマウス患者になってしまう事もあるらしいので、親しい主治医を確保するためにも、あれっと思ったら、取り敢えず病院へGOですね。

スポンサードリンク

テーマ : 病気・症状
ジャンル : 心と身体

ドライマウスの症状と原因

最近、今まで以上に口や喉が渇くという事、ありませんか?目や唇も一緒に乾いたり、食べ物の味がおかしかったり、周囲から口臭を指摘されたりという事ないですか?
よく、唇を潤す効果のある口紅だとかリップクリームだとかと言って、一生懸命塗っている人がいますが、実は私たちの唇は、健康体であれば、常時潤っている部位なんですね。ただし、唇には唾液腺も脂腺も汗腺もありませんから、口の中から出る唾液のおこぼれを頂戴する事によって、潤っています。ですから、口内に十分な唾液がなければ、当然唇にまで行き渡らなくなって、ドライリップになってしまいます。

他にも先ほどお話ししたような症状は、全てお口の中の水不足、『ドライマウス』によって引き起こされる症状です。一見どれもしばしば見舞われそうな症状ではありますが、こうした症状が複数、それも毎日のように実感するようになれば、それは要注意!
本格的な慢性ドライマウス患者と言えるでしょう。ドライマウスの主な原因は食生活の乱れや疲労、ストレスなどで、典型的現代病だと言われています。昨今増加している数々の成人病との関わりも非常に深く、決して安易に放置してはおけない症状、それがドライマウスなのです。ドライマウスから糖尿病や腎疾患、脳血管障害が発見されるケースは珍しくないそうですよ。また、逆に、こうした成人病の治療として用いる放射線や手術、薬物などが、ドライマウスの原因になる事も多々あるそうです。
これから益々増加していくと言われているドライマウス、少し真剣に勉強してみたいなぁっと思っています。

スポンサードリンク

テーマ : 病気・症状
ジャンル : 心と身体

サイト公開の目的
サイト公開の目的は少しでも多くの方に私の体験が役に立てばと思い公開しました。ドライマウスは放っておくと他の病気を呼び寄せてしまいます。きちんとした治療を行って下さい。

Author:ドライマウス
当サイトを公開した目的

口臭予防ドライマウス対策

ウソッ、臭~いヘドロがゴッソリ…。私の口の中、こんなに汚れてたの?超ヤミツキごっそり感に...
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。