スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

目と口の乾燥がドライマウスに関係するの?

ドライマウスに詳しい歯科医のいる病院で口腔乾燥を訴えると、
かなり細かく問診をされた後、唾液の量と一緒に涙の量も測定されます。
なぜ?って思うでしょ??
実はこれはシェーグレン症候群によってドライマウスを発症している可能性があるからなんですね。


シェーグレン症候群というのは、膠原病と同じで、全身の自己免疫疾患の一種。
はっきりした原因や治療法は未だ解明されておらず、所謂難病です。
このシェーグレン症候群の最大の特徴は、唾液腺だけではなく、
涙腺にも支障を来し、ドライマウスとともにドライアイも発症します。
そこで、ティアチェックをするという訳です。


先生から説明を聞いて納得。
でも、最近はパソコンの普及によって、ドライアイ自体が増加していますよね。
その辺りのところは大丈夫なの?という新たな疑問も湧いたのですが、
やはり目と口の両方が常時異常に乾燥している人というのは、何らかの内臓疾患や精神疾患を抱えている人が多いそうですね。

例えシェーグレン症候群ではなくても、何らかの疾病を伴うため、
きちんとした治療を施す事が大事だと言われました。
特に、お口の中がSOSを出す時というのは、かなり体や心がしんどい時。
やはりその原因を出来る限り明らかにし、改善していかなければならないそうです。
ようするにね、毎日一生懸命パソコンと睨めっこしていても、そう簡単に口の中までは乾かないんです。

だから、目のケアだけをして上げればいいんだけど、目と口の両方が乾くと要注意という事ですね。
因みに、私の場合は、涙の量は正常で、唾液量だけがやや不足しているらしく、軽度のドライマウスのようでした。
恐らく今の段階では不規則な生活や日頃の疲れが原因だろうという事でしたが、
早くまたいろんな物を美味しく食べたいので、頑張ってちゃんと治療しようと思っています。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

モイスチャーチェッカー

街の歯医者さんでドライマウスについて相談すると、大抵はガムやガーゼを噛んで唾液量を量られます。
実に原始的なやり方で、結構手間暇が掛かるんですよね。
最低でも1回の測定に30分は掛かります。
けれど、最近ではドライマウスの対応に力を入れる病院も随分増え、
専用の検査機器を導入している歯科医院も少しずつながらも増加しているようですね。


中でも、僅か2秒で唾液分泌量の測定が出来るという「モイスチャーチェッカー」は超便利!
プイッと唾を吐くだけでドライマウスの可能性があるかどうかが判明しちゃうんですよ。
しかも、その数値はデジタルで機械本体の表面に表示されるので、一目で自分の口の中の乾燥度が判ります。

一応その数値が30以上あれば正常という事で、ひとまず心配なし。
されど25以下なら完全なドライマウス症状という事になります。

モイスチャーチェッカーというと、お肌の保湿度を測定するのに、よくエステサロンなどで用いられていますよね。
まさにあれのお口バージョンといった感じで、とてもコンパクトな機械です。
重さ僅か100グラムほどの手のひらサイズの口腔水分系!
お値段も3万円前後と、十分個人でも買える程度のものですから、近い将来、体温計や体重計のように、
マイモイスチャーを持つ人も増えるかも知れませんね。


確かに口内の乾燥状態によって、様々な成人病や精神疾患が明らかになるそうですから、
元気で長生きというのが最低限の目標となるこれからの日本では、
家庭の医学書とともに必需品になっても不思議ではありません。

因みに世界で最初にこの口腔水分系「モイスチャーチェッカー・ムーカス」
を開発したのは日本の企業なんだそうですね。やっぱ日本の技術はスゴいなぁっと思います。

スポンサードリンク

テーマ : ドライマウス
ジャンル : 心と身体

サイト公開の目的
サイト公開の目的は少しでも多くの方に私の体験が役に立てばと思い公開しました。ドライマウスは放っておくと他の病気を呼び寄せてしまいます。きちんとした治療を行って下さい。

Author:ドライマウス
当サイトを公開した目的

口臭予防ドライマウス対策

ウソッ、臭~いヘドロがゴッソリ…。私の口の中、こんなに汚れてたの?超ヤミツキごっそり感に...
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。