スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ドライマウスと花粉症の関係

実際にドライマウス患者さんたちの治療に当たっていらっしゃる歯科医の先生の話によると、
ドライマウスの研究が本格的に始まったのは、21世紀に入ってからの事で実際のところ、
まだ全ての原因が判明していないため、確実な分類や治療法が確立されていないのだそうです。

ドライマウスが症状名であって、病名ではないのはそうした現状があるのかも知れませんね。
そこで、ドライマウスの可能性を訴える患者さんの初診は、まず、その原因を探る所から始まるそうですよ。
ようするに、どんな病気の症状としてドライマウスが現れているかという事ですね。

比較的多いのが、糖尿病や腎疾患などの成人病や鬱病などの自律神経系の支障だそうですが、こうした内臓疾患や心疾患以外にも、私たちの身近に潜む意外なドライマウスの要因というのがあるようです。
それは、鼻炎や花粉症などによる鼻の不具合

我々人間は呼吸をしなければ生命を維持する事が出来ませんから、鼻が詰まると自動的に口だけで息をしてしまいますよね。
この口呼吸こそが口内を乾燥させ、ドライマウスを招いてしまうのです。
また、花粉症の薬としてよく用いられる抗ヒスタミン剤は、非常にドライマウスを引き起こしやすい成分の薬品である事が判明しています。

しかし、花粉症や鼻炎は、そう簡単に抑制する事が出来ませんから、なるべくその症状や薬を服用している期間は、唾液の分泌を促進するよう、自分自身で努力する必要があると言えるでしょうね。
出来るだけよく噛んで食べられるような食品を中心にした食生活をし、舌や顎の軽い運動も取り入れるといいと教えて下さったドクターがいます。
歯科医にとっても、このドライマウスは、今後益々研究を進めていかなければならない症状の一つで、患者さんたちと一緒に頑張っていければ嬉しいとおっしゃっていました。

スポンサードリンク

テーマ : 花粉症
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

サイト公開の目的
サイト公開の目的は少しでも多くの方に私の体験が役に立てばと思い公開しました。ドライマウスは放っておくと他の病気を呼び寄せてしまいます。きちんとした治療を行って下さい。

Author:ドライマウス
当サイトを公開した目的

口臭予防ドライマウス対策

ウソッ、臭~いヘドロがゴッソリ…。私の口の中、こんなに汚れてたの?超ヤミツキごっそり感に...
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。