スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ドライマウスの予防トレーニング

まず、舌の先が上前歯の付け根にしっかりと付くまで舌全体を持ち上げ、口蓋に向かってゆっくりと吸い上げたら、最後に”タン!”という音が出るよう、舌で口蓋をはじきます。
口蓋というのは口内の上壁の事で、これは「ホッピング」と呼ばれる唾液腺トレーニングの一つです。1回当り20回繰り返し、朝晩行うとドライマウスの予防や改善に繋がるそうですよ。

もう一つ、「リップトレーニング」と呼ばれるお口の運動があるので、ついでにご紹介しておきますね。これは”イー”・”ウー”と繰り返し発音するだけなのですが、コツとしては、”イー”という声を発する際、出来る限り口を大きく横に広げ、口角を引き上げるところにあります。こちらも、1回当り20回、1日2回程度行うといいみたいですよ。

今や欧米では4人に1人は発症しているというドライマウス症状。
その原因の上位に薬物の副作用というのがあります。抗うつ薬・抗不安薬・向精神病薬などの心疾患の治療に用いられる薬は特に要注意。
睡眠薬も含め、精神科の主治医を持つのが当たり前とも言われる欧米では、こうした薬品の副作用としてドライマウスを訴える患者さんが非常に多いそうです。

しかし、抗高血圧薬や利尿薬、気管支拡張薬をはじめ、抗痙攣剤や抗コリン作用薬、抗パーキンソン薬など、日本の医療機関でも通常用いられている薬の中には、ドライマウスを発症する可能性の高いものが多数あります。
特に、花粉症の治療に使われる抗ヒスタミン薬や普段何気なく飲んでしまいがちな鎮痛薬、また、一部の胃薬からもその原因となる成分が発見されていると言います。
本来、薬に頼らない生活を送るのがベストではありますが、やむを得ずこうした薬を服用している方は、常日頃からこまめに唾液腺トレーニングをされる事をお勧めしたいですね。
私自身も、時より気になる薬のお世話になっているので、今は毎日お口の運動を欠かさないように心がけています。そのお陰かどうかは判りませんが、今のところ、激しいドライマウスに見舞われる事はありません。

スポンサードリンク

テーマ : 歯医者
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

サイト公開の目的
サイト公開の目的は少しでも多くの方に私の体験が役に立てばと思い公開しました。ドライマウスは放っておくと他の病気を呼び寄せてしまいます。きちんとした治療を行って下さい。

ドライマウス

Author:ドライマウス
当サイトを公開した目的

口臭予防ドライマウス対策

ウソッ、臭~いヘドロがゴッソリ…。私の口の中、こんなに汚れてたの?超ヤミツキごっそり感に...
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。