スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ドライマウスとあご関節症

「ドライマウス」と「ドライアイ」、そして「あご関節症」、この3つは、典型的現代病で、中でもあご関節症がドライマウスやドライアイを招く事も少なくないそうです。でも、もっと怖いのは、あご関節症が原因で起こる他の病気のサインとしてドライマウスが現れる事。
あご関節症になると、当然、口の動きに大きな影響を与えますから、食事や会話に支障を来す訳です。取り分け、私たちの健康生活の基本である食生活に支障を来せば、身体への悪影響が生じるのは当然ですよね。でも、もとをただせば、その食生活や日常生活の乱れがあご関節症を招く事も多いんです。
また、会話がうまく出来ない事によるストレスなども、あご関節症やドライマウスを悪化させる要因となるようです。実は、このあご関節症も、ドライマウスやドライアイと同様、自律神経が大きく関わっているんですね。従って、ストレスがたまればいつ生じてもおかしくない状態に陥り、あごの動きが不安定になると、私たちは自然と様々なストレスをかかえてしまいます。その結果、ドライマウスやドライアイを発症するという原理なのです。
ドライマウスの治療法の一つに、睡眠時などにマウスピースを使用する方法があります。このマウスピース療法は、あご関節症の改善にも非常に友好的で、逆に言うと、あご関節症が判明し、マウスピースを入れたとたん、唾液分泌が活発になるという人も沢山いるんですよね。ですから、あご関節症を見つけ出すためにも、少しでも口内に頻繁な乾きを感じたら、病院へ行って、きちんと検査してもらった方がいいと思いますよ。

スポンサードリンク

テーマ : ドライマウス
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

サイト公開の目的
サイト公開の目的は少しでも多くの方に私の体験が役に立てばと思い公開しました。ドライマウスは放っておくと他の病気を呼び寄せてしまいます。きちんとした治療を行って下さい。

Author:ドライマウス
当サイトを公開した目的

口臭予防ドライマウス対策

ウソッ、臭~いヘドロがゴッソリ…。私の口の中、こんなに汚れてたの?超ヤミツキごっそり感に...
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
相互リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。